歴史のある

キッチンリフォームなどの歴史についてご紹介します。

キッチンの歴史は、日本においては以前は炊事場と呼ばれるところが原点でしょう。江戸時代から明治、大正、昭和のはじめにかけては、キッチンという概念はなく、土間にあった炊事場でした。 この歴史が代わりだしたのが、行動経済成長期にはじまった、団地の造成です。団地では画一的な規格の台所ができて、これが主婦の間で非常に好評で、その台所は日本全国の戸建の住宅に広まっていったという歴史があります。 そして昭和50年代ころになるとシステムキッチンが登場しました。そしてこのことがキッチンリフォームという新たな業種を生み出したのです。 便利で使いやすいキッチンを目指すキッチンリフォームは非常に人気があります。 そしてさらにオール電化がさらに平成になってはじまると、多くの家庭でキッチンリフォームが行われるようになったという歴史があります。

今後の動向についてご紹介します。

今後のキッチンリフォームの動向ですが、非常にイメージにこだわった全体のトータルコーディネートが多くなっていくでしょう。壁紙をどうするのか、床面とどうするのか、天井を、照明をどうするのか、そして窓をどうするのかといった大枠のこだわりはもちろんのこと、そこに置く食器や家具、家電製品にいたるまでトータルでイメージしコーディネートしてくれるアドバイザーが登場し、キッチンリフォームの手助けをしていくことのなるでしょう。 とくにこれからのキッチンリフォームはシンプルで洗練された北欧風が非常にもてやはされるでしょう。また都会はの間ではニューヨーク風のシックで重厚なイメージのものがキッチンリフォームとして流行すると思われます。

ページのトップへ戻る